So-net無料ブログ作成
検索選択

日焼け後のケアに使うビタミンC誘導体は、シミの濃さで使い分け [美白]

強い日差しを浴びた日は、心なしかどんよりと顔のくすみが気になります。
紫外線の乾燥と刺激で、肌のダメージが黒ずませているんでしょうね。

ちょっと前までは、たっぷりの化粧水やローションパックでしのいでいましたが、保湿だけではどうもくすみが晴れません。

気になる日は、ビタミンC誘導体入りの化粧水を、たっぷりと馴染ませるようにしています。
くすみの原因は紫外線だけではないようで、通りがかりに頂いた化粧品のサンプルなどを使って、一気にくすみを広げてしまうこともあります。

体調や肌摩擦でゆっくり肌の色は変わっていくものと思っていましたが、強い刺激を受けるとあざができるように、くすみも現れてくるのに違いありません。
この頃、ビタミンC誘導体は、頻繁に使うようになってきました。

年齢が進むと肌水分も低下してしまうために、外部刺激から守る力も弱くなってくるからです。
弱い肌なので、すぐにダメージを受けてノックアウトされてしまうのよ!

若い小娘のように、毎日、毎日、肌の色をチェックしているうちに、はっきりとずっと定着しているくすみがあることに気がつきます。
メガネのフレームがあたるところとか、小鼻のふくらみのところとか、頬紅を最初につけるところなどです。

シミと呼ぶには、まだかわいそうだけど、明らかに他の部分とは肌の色が違うくすみ。
手持ちのビタミンC誘導体では、どうも効き目がないようで、ずっとそこにあります。

現在ビタミンC誘導体も、様々な種類があり、今ちょっと注目を集めているのが、VCエチル、別名、3-O-エチルアスコルビン酸という名前のものです。

オルビス、ランコム、資生堂などで配合しているのを見ましたが、大きな特徴は即効で効き目があるということです。
その訳は、通常のビタミンC誘導体は、皮膚の中に入りビタミンCに変わりその効果を発揮させますが、VCエチルの場合ビタミンCに変わる前から、効果を発揮させることができます。ほぼ、ピュアなビタミンCと考えて良さそうです。

さらに、VCエチルは、その効果の持続性も高いと言われています。

日焼けや摩擦ダメージを受けた後は、その都度ケアを心かげていかないと、肌の中にどんどんメラニンを溜めこんで、はっきりしたシミになってしまいます。
集中美白、スポット美白用に、今あるビタミンCローションやエッセンスより、さらに強力なものを1本持っておくと、将来違ってきますよ。

私が、VCエチル美容液でおすすめしたいのは、オルビスのホワイトニングエッセンスでしょうか?
スポンサードリンク


スポンサードリンク



WEB全体から検索する


相互リンク募集中
スポンサードリンク