So-net無料ブログ作成
インナードライ ブログトップ
前の1件 | -

インナードライの方は、肌の凸凹を悩んでいる場合が多い? [インナードライ]

インナードライというと、肌が乾燥するために皮脂を過剰生産して、
毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすくなるといわれていますね。
インナードライの掲示板をのぞいてみると、苺鼻とか、クレーターとか、みかん肌といった
やや自嘲ぎみな言葉を見ます。いちご鼻が酷い人は、肌質がインナードライである場合が
多いそうです。
どうしてなんでしょうね?

肌が乾燥するために、皮脂を過剰生産するなら、乾燥肌も同じこと。
皮脂が過剰に分泌し毛穴が詰まるのは、オイリ肌(脂性肌)の方も同じなはずなのです。

何故、インナードライは、乾燥肌から脂性肌になり、皮脂が毛穴に詰まる代名詞ように
言われているのはどうしてなのでしょうかね?


実は、インナードライの方は、新陳代謝が悪いために、外界の埃、細菌など、肌内部の皮脂が
毛穴に詰まっても、毛穴が排出する力が弱いために詰まりやすいのです。もともと、
人間の体は異物が入ると自然と掃き出す習性をもっていますが、新陳代謝が弱いと、
これが上手くいかないくなるようです。

黒ずんだ毛穴をみると、どうしても脂性肌の方ようにゴシゴシ洗浄しがちですが、
洗顔料は刺激の少ないものを、出来れば固形の石けんを使い、保湿を重視したケアが良いですね。
多くのサイトではセラミドをすすめていますが、乾燥して荒れた肌には効果があります。

肌の弾力を司るコラーゲンも補給しておくと、肌の水の貯蔵庫ヒアルロン酸を補い、
保湿力ある肌へ導い出くれます。コラーゲンの働きをよくするためにビタミンCも、
忘れてはいけない成分です。

新陳代謝が弱いことが、混合肌の原因ですので、新陳代謝を高めると言われている
ビタミンA(レチノール)を含む食べ物を、ウナギや肝臓などをとられるといいですね。




【関連情報】
ワクワクするメイクが、インナードライに繋がっているとしたら








スポンサードリンク


前の1件 | - インナードライ ブログトップ
スポンサードリンク



WEB全体から検索する


相互リンク募集中
スポンサードリンク