So-net無料ブログ作成
検索選択

酸化を防ぐ食べ物で、紫外線に強い体をつくるには [エイジングケアを考える]

どんなに強力な日焼け止めクリームをつけても、帽子や日傘をUV対策を万全にしても、太陽の恩恵を受けて生活をしている限りは、紫外線の影響は受けます。
全く、日が差し込まない暗い部屋で過ごさなければ無理です。

紫外線の影響を、人間の肌ばかりと女性は考えがちですが、実際物でも毎日目にしているのです。無意識にやり過ごしてしまっていますが、改めて考えてみるとこうです。

日が差し込む窓辺のフローリングが傷みやすいのも、外に出しっぱなしにしていた洗濯ばさみが、室内に置いていた物に比べると、直ぐに硬化して壊れてしまうのも、紫外線の影響です。
物も、酸化をするようですね。

ところが不思議なことに、太陽光線を全身に受けてますます成長を遂げているものが自然界にあります。
植物です。

多くのものは紫外線にやられて、ノックアウトするのに、植物だけは生き生きと生命力を高めていくことができるのです。

植物が持つこの働きがあれば、紫外線から守ることができるかもしれない?と、考えたんじゃないかなぁ~と想像するわけです。

酸化を防ぐ食べ物と言えば、真っ先に来るのはビタミンCやビタミンEとなります。
最近では、ポリフェノールやフラバンジェノール(ピクノジェノール)という言葉も頻繁に目にするようになりました。

ビタミンCやビタミンEは、お馴染みの野菜や果物に含まれていますが、フラバンジェノールはフランスの海岸に生息する松の樹液だそうです。

体の中から美しくなりたいと願うなら、真っ先に思いつく酸化の問題。
より効率よく、より簡単に、酸化を防ぐ食べ物があれば、いいのにね。
ビタミンCをたっぷり含む、こんなジュースはいかが?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
スポンサードリンク



WEB全体から検索する


相互リンク募集中
スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。