So-net無料ブログ作成
検索選択

紫外線のしわ・たるみの原因はロングUVAにあった [たるみ・しわ]

ギラギラと照りつける太陽光線の中で、汗を流しながら働くおっちゃんのシワの多い顔も、なかなかのワイルドでいいと思うけど、女性の場合はそうはいかないでしょ?

体感的に紫外線は、シミやくすみの原因になるばかりではなく、しわやたるみにもなるってことはご存知のはずです。
でも、具体的には、紫外線とシミの関係のように詳しくは分かっていなかったはずです。

今年、年明け早々に、ラロッシュポゼの新製品発表会に出席した時に知りましたが、紫外線でしわやたるみを作るのは、ロングUVAという紫外線の種類だそうです。
参照URLロングUVAにこだわって開発したラロッシュポゼ新製品発表会に参加
20140429hiyakedome.jpg

紫外線の波長の種類は、3種類。
UVA、UVB、UVC。
とりわけUVAといわれる紫外線Aは、地上に届く紫外線の95%を占めています。
しかも、UVBは、雲や曇りガラス等に遮られるのに、UVAは通過してしまうのです。
肌にいたっても、UVBは肌の表面の角質層までなのに、UVAは角質層を通過し、真皮層まで届くという手に負えない悪ものとなります。

UVAの中でさらに波長が長いものが、ロングUVAです。
ロングUVAは、地上に届く紫外線の内75%も占めているというから、UVAのほとんどがロングUVAなんだって、分かりますね。
UVA同様たるみやしわの原因になることは無論、遺伝子にも影響を与えることを、上記の説明会で発表されていました。

肌の真皮層には、皮膚を支えるコラーゲンやエラスチンが存在し、スプリングのような弾力を持っています。
ロングUVAは、このコラーゲンやエラスチンに損傷を与えてしまうために、皮膚にたるみやシワが生じるのです。

紫外線は、今や肌だけの問題ではなく、健康にまで影響を及ぼすと言われ始めていることから、多くの紫外線対策やグッズが出ていますが、大半の方は日焼け止めクリームを利用しています。
顔だけでなく、デコルテや手や腕にもつけるのが、普通になりつつあるようですね。

紫外線は、上から注がれるだけでなくアスファルトや雪などでも反射するので、紫外線から守るためには、クリームが一番ということなのでしょう。

直接肌に塗るクリームです。
肌の強さや、肌質、年齢等によって、その刺激は違ってきます。
また、紫外線の強さ、屋外にいる時間の長さによっても違ってきます。
腕や足といった部位と、皮膚が薄くて柔らかい顔でも違ってくるはずです。

ラロッシュポゼの日焼け止めは、ロングUVA対応のものですが、使う人や用途に分けで種類を用意していることが、ポイントとなります。
そして、なによりも、敏感肌の専門メーカーとして世界中の皮膚科が採用していることも、忘れてはなりません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
スポンサードリンク



WEB全体から検索する


相互リンク募集中
スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。